ブログトップ

カナリヤの森にようこそ☆

minato666.exblog.jp

<   2013年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ホットハニーパンプキンプリン

a0254236_22541387.jpg


今日はハロウィンですね!
・・・というワケで(でもないんだけど)、
カボチャのデザートを作りました。

ホットハニーパンプキンプリン!

卵も乳製品も使わないでつくったカボチャのプリンです。
島村さんのカボチャがたっぷり・・・!

カラメルのかわりに蜂蜜をかけていただきます。
ハチミツはもちろん、中川さんの日本ミツバチのハチミツ!
さっぱりとした口当たりのプリンなので、
ハチミツがアクセントとコクを加えています。

焼きたての熱々を召し上がってくださいね〜^^
[PR]
by kanariyanomori | 2013-10-31 08:08 | ■cafe Bucca boo

11月2日(土)はシネマカフェ!

a0254236_20182415.jpg

写真はシネマテーク相模原のサカイさん。去年の上映会準備の写真です

11月2日(土)にシネマカフェを開催します!

最近見かけなくなった16ミリ映画の上映会です。
どうして光が絵になるのか、コドモたちは興味津々。
スクリーンの裏側に回ってみたり、
かたかた音のする映写機に見入ってみたり・・・

第一部は小さなお子さまが興味のままに動き回っても
声をあげてもOKのお互いさま上映。
第2部はまわりの方を思いやって、静かに映画に浸る
みんなで楽しむ上映。

どちらもコドモと一緒に大人の方も楽しめる内容になっています。


   第1部 11時〜12時
   パパママシネマ
     ・プーさんとはちみつ
     ・木を植えた男

   第2部 13時〜14時
   みんなdeシネマ
     ・草原の子テングリ
     ・木を植えた男

   入場無料
   場所:カナリヤの森リンデンホール
   上映:シネマテークさがみはら

  *駐車場に限りがあります。
   お車でいらっしゃる方はご連絡をお願いいたします
   (042−762−4303 sgt74@yb4.so-net.ne.jp)

第1部、第2部ともに上映する「木を植えた男」は
カナダの巨匠、フレデリック・バックの感動作品。
絵本になっているので、ご存知の方も多いと思います。

何回観ても感動してしまいます
(ワタシは3回観てます^^)

この機会にぜひ、ご覧くださいね!

cafe Bucca booでは自然を活かした野菜料理のランチや
手作りスウィーツをお召し上がりいただけます。
映画の前や後にゆったりとカフェでくつろいでくださいね!

*この日のランチはご予約のお客さまのみになります。

お問い合わせ・お申し込み 
 カナリヤの森 042−762−4303   
         sgt74@yb4.so-net.ne.jp
[PR]
by kanariyanomori | 2013-10-30 20:55 | ■Linden hall

アケビ

a0254236_17152858.jpg


アケビをたくさんいただいたので、
先週はご希望のお客さまにデザートととしてプレゼント!

懐かしい〜!という人と、
初めて知った!という人と半分半分で
みなさんの反応がなかなか楽しかったです^^

こんなふうに↑お出ししたら

こんな上品にアケビを食べた事ない!

って言われました^^


a0254236_17335413.jpg



懐かしい派の人は、コドモの時に山になっているのを
おやつ代わりに食べてたそうで、
そんなハナシからどんぐりのハナシに発展したりして、
それも楽しかったなあ・・・^^

ちなみにその方は、しいの実を、
やっぱりそのままおやつ代わりに食べていたそうです!

ワイルドだなあ〜!

ワタシはどんぐりを湯がいて灰汁をぬいて
ブレンダーにかけて、小麦粉とまぜてクッキー焼いたりしています。
どんぐりLOVE!
縄文人の血が騒ぐんだよね〜と盛り上がったりして^^


さて、ハナシをアケビに戻します!


a0254236_17345883.jpg


初めてアケビを見たというスタッフマキちゃん。
中身を取り出したのを見て

芋虫みた〜い!!!!

って言うんです。

・・・で、芋虫(みたいの)を、そのまま出すのもなあ、と
こんなふうにこじゃれてみました^^


ワタシはオトナになってからアケビを知った派で、
蔓を編む仕事でアケビという植物の存在を初めて知ったのでした。
本で見るアケビの美しい紫に、
自然はほんとうにすごいなあ・・・と感動でした。

実を食べられると知って、密かに憧れていたアケビちゃん!
なかなか対面するチャンスがなかったのだけど、
去年、今回下さった方にいただいて、初めて食べました。

タネを出すのが面倒だけれど、優しい甘さで美味しい〜!
ますます憧れの存在になったのは言うまでもありません^^

今年はその方がイベントでお配りする予定だったのが、
雨でイベントが中止になり、
カナリヤの森なら!と持ってきてくださいました。

紙袋いっぱいのアケビちゃん。
デザートにお出ししたり、欲しい方にお譲りして、
そんなふうにしていたら、お陰さまですべてお嫁入り(?)して
手元に残った外側は、一日目は油味噌炒めにして
2日目は生姜醤油で佃煮にしました。

鰹節と混ぜたりして、おにぎり弁当の箸休めによさそうです。

そんなこんなで2日間、アケビで遊ばせてもらいました。
なにひとつ捨てるところなく、使い切って
遊んだ〜〜〜って感覚が気持ちいい^^
楽しかったです〜〜〜!


今度は蔓が欲しいなあ!
蔓を編みたいです〜〜〜〜!!!

そういえば、カフェのコーヒーカップの取っ手に
蔓を巻き付けてるのがあるのですが、
それはアケビの蔓。(昔仕事で創りました)
細い蔓だったら、他のカップにも巻き付けられるなあ・・・^^

蔓、欲しいなあ・・・
だれか取りに行くのに連れてってくれないかなあ・・・!
[PR]
by kanariyanomori | 2013-10-26 18:04 | ■今日のカナリヤの森

納豆定食

a0254236_064520.jpg



津久井で自然栽培をしている島村さんのお野菜は
とても優しい味がします。

自然栽培というのは、農薬や化学肥料など、ケミカルなものはもちろん、堆肥さえも使わずに作物を育てる栽培方法です。

堆肥を使わないで、土づくりはどうするのか・・・というと、
作物を育てる事で土を作っていくのだそうです。

だからいい土になるまで、何年も収穫できない作物をつくり続け、
そんなふうにして、土を育て、作物を育てていらっしゃいます。

そんなこだわりがあるのだけれど、
本人はいたってのんびりしていらして、存在そのものが自然^^

そんな島村さんのつくった津久井大豆からできた納豆を
少しだけ分けていただきました。
大粒で大豆の味がしっかりした、ほんとうにおいしい納豆です。

それで、ど〜んと納豆定食、
今だけ!お出ししています。

ワタシはご飯にのっけて食べるより、
何にもいれずに、お醤油だけで食べるのがいちばん好き^^

皆さんもぜひお試しくださいね〜!
[PR]
by kanariyanomori | 2013-10-24 00:21 | ■cafe Bucca boo

一周年、ありがとうございます!

a0254236_2047735.jpg


10月17日でカナリヤの森は一周年を迎えました!

2年前に、漠然とカナリヤの森をきちんと創り終えたい・・・
という想いがふつふつと湧いて来て、
たくさんの方が集まってくださり、
人をつなげてくださり・・・

そんな感じでカナリヤの森がオープンして、
オープンしてからも、
いつも、いつも、人に支えられて、人が集まってくれて、繋がって、
今のカタチになりました。

この2年間を振り返ってみたら、
なんだかワタシはなんにもしていなくて、
まわりの人がコトを動かしてくれていたんだ〜!

ってことに気がついて、
まったくあぜんとしてしまいました。

設計や工事の方、
スタッフとして、運営に関わって下さった方、
いろんな企画をすすめて下さった方、
生産者の方、
いつも応援してくださる方、
お客さまとしていらしてくださった方、
などなど、などなど・・・

・・・とにかく、今のカナリヤの森のスガタは皆さまのおかげで、
みんなのエネルギーがこのカナリヤの森を支えているんだなあ・・・と
嬉しくて、感動です!

みなさま、ありがとうございます!


オープンして、たった一年ですが、
なんだかもう何年もたったみたいな、
ものすご〜くお祝いしたいみたいな・・・そんなこんなの1週間です。
(あと一日ありますが。明日もオープンしています^^)

これからも、関わってくださる皆さまといっしょに、
カナリヤの森を創っていくんだなあ・・・と新ためて感じています。
そうやって、どんどんカナリヤの森は変化していくのですね、きっと。

それはとても楽しいことだなあ・・・と思います。
どんどん変化していきます〜!


上の写真はシュプンクのとくこさんが作ってくださった
1st Anniversaryのスタンプです。
一周年の感謝をこめて、皆さんにプレゼントをしたい、と思い立ち、
とくこさんや、コーヒーの焙煎をお願いしているクラーヌさん
ご協力のもと、ステキなプレゼントが出来上がりました!

たくさん創ったので、まだまだ大丈夫。
来週もプレゼントがある限りはお配りしますので、
ぜひ、いらしてくださいね〜!!
[PR]
by kanariyanomori | 2013-10-18 21:41 | ■今日のカナリヤの森

津久井の栗のモンブラン10/10訂正しました。

a0254236_213858100.jpg



津久井の栗が手に入ったので、
モンブランを作りました。

シンプルに栗の味を楽しみたいので
マクロビヴァージョンです。

中は栗の甘露煮とトーフクリーム。
土台は中力粉と豆乳と菜種油と甜菜糖だけのシンプルな生地で、
せいろで蒸したスポンジです。

シンプルで優しく穏やかなモンブラン。
しみじみとおいしい・・・と好評です!
リピートしてくださるお客さまもいらして
秋の味を楽しんでくださっています!


フェイスブックでレシピのリクエストがあったので
カンタンにレシピを掲載いたしますね。


*マロンクリーム
栗 500g(茹でて中を取り出し正味300g)
砂糖 80g
豆乳 300cc
バニラエクストラクト 少々

栗を豆乳、砂糖で煮て、とろみがついたらバニラエクストラクト少々を入れ、
火からおろし、フードプロセッサーでペースト状にし、裏ごしする。

*栗の甘露煮
栗 500g
甜菜糖 400g
水 400cc
香漬けのお酒(カフェではカシスをウイスキーに漬けたものを使用)

渋皮まで剥いた栗を、水につけて灰汁抜き。

鍋に栗を入れ、ひたひたの水(分量外)を火にかけ沸騰したら
弱火で20分茹で、茹で上がったら冷水にさらす。

水と甜菜糖の半量を火にかけ、砂糖が溶けたら栗を入れ
沸騰したら火を止めて、そのまま一晩おく。

翌日、残りの甜菜糖を入れて、火にかけ沸騰したら
香漬けのお酒を入れて、火を止めて
そのままもう一晩おいて味をふくませる。


*スポンジ
小麦粉150g
砂糖14g
豆乳158g(←抜けていました)
ベーキングパウダー 小さじ1と1/2
菜種油 15g(←100gを訂正しました)

小麦粉とベーキングパウダーをまぜ、よくふるっておく
砂糖、豆乳、菜種油を混ぜ合わせ小麦粉のボウルに一気にいれ
やさしくざっくりとまぜ合わせる。
型に入れて15分から20分蒸かす。

1センチくらいの厚さにスライスして
直径4〜5センチの丸い型で抜く。

*トーフクリーム
豆腐 一丁
甜菜糖 大さじ2
メープルシロップ 大さじ1
バニラエクルとラクト 少々

鍋に豆腐がかぶるくらいの水をいれ、火にかける。
沸騰直前に火を弱めて、2〜3分茹でる。
バットにとり、軽い重しをのせて、水分を出す。

豆腐、甜菜糖、メープルシロップ、バニラエクストラクトを
フードプロセッサーで撹拌してクリーム状にする。

*仕上げ
スポンジにトーフクリームを塗り
栗の甘露煮をのせ、
絞り袋にいれたトーフクリームを下から螺旋状に絞り、
さらにマロンクリームも螺旋状に絞る。

芥子の実をふりかけ、ミントの葉を飾って出来上がり。



カフェではマロンクリームをたっぷり絞った
マロンシフォンもお出ししています。

季節の味を存分に楽しんでくださいね〜!
[PR]
by kanariyanomori | 2013-10-09 23:38 | ■cafe Bucca boo