ブログトップ

カナリヤの森にようこそ☆

minato666.exblog.jp

津久井の栗のモンブラン10/10訂正しました。

a0254236_213858100.jpg



津久井の栗が手に入ったので、
モンブランを作りました。

シンプルに栗の味を楽しみたいので
マクロビヴァージョンです。

中は栗の甘露煮とトーフクリーム。
土台は中力粉と豆乳と菜種油と甜菜糖だけのシンプルな生地で、
せいろで蒸したスポンジです。

シンプルで優しく穏やかなモンブラン。
しみじみとおいしい・・・と好評です!
リピートしてくださるお客さまもいらして
秋の味を楽しんでくださっています!


フェイスブックでレシピのリクエストがあったので
カンタンにレシピを掲載いたしますね。


*マロンクリーム
栗 500g(茹でて中を取り出し正味300g)
砂糖 80g
豆乳 300cc
バニラエクストラクト 少々

栗を豆乳、砂糖で煮て、とろみがついたらバニラエクストラクト少々を入れ、
火からおろし、フードプロセッサーでペースト状にし、裏ごしする。

*栗の甘露煮
栗 500g
甜菜糖 400g
水 400cc
香漬けのお酒(カフェではカシスをウイスキーに漬けたものを使用)

渋皮まで剥いた栗を、水につけて灰汁抜き。

鍋に栗を入れ、ひたひたの水(分量外)を火にかけ沸騰したら
弱火で20分茹で、茹で上がったら冷水にさらす。

水と甜菜糖の半量を火にかけ、砂糖が溶けたら栗を入れ
沸騰したら火を止めて、そのまま一晩おく。

翌日、残りの甜菜糖を入れて、火にかけ沸騰したら
香漬けのお酒を入れて、火を止めて
そのままもう一晩おいて味をふくませる。


*スポンジ
小麦粉150g
砂糖14g
豆乳158g(←抜けていました)
ベーキングパウダー 小さじ1と1/2
菜種油 15g(←100gを訂正しました)

小麦粉とベーキングパウダーをまぜ、よくふるっておく
砂糖、豆乳、菜種油を混ぜ合わせ小麦粉のボウルに一気にいれ
やさしくざっくりとまぜ合わせる。
型に入れて15分から20分蒸かす。

1センチくらいの厚さにスライスして
直径4〜5センチの丸い型で抜く。

*トーフクリーム
豆腐 一丁
甜菜糖 大さじ2
メープルシロップ 大さじ1
バニラエクルとラクト 少々

鍋に豆腐がかぶるくらいの水をいれ、火にかける。
沸騰直前に火を弱めて、2〜3分茹でる。
バットにとり、軽い重しをのせて、水分を出す。

豆腐、甜菜糖、メープルシロップ、バニラエクストラクトを
フードプロセッサーで撹拌してクリーム状にする。

*仕上げ
スポンジにトーフクリームを塗り
栗の甘露煮をのせ、
絞り袋にいれたトーフクリームを下から螺旋状に絞り、
さらにマロンクリームも螺旋状に絞る。

芥子の実をふりかけ、ミントの葉を飾って出来上がり。



カフェではマロンクリームをたっぷり絞った
マロンシフォンもお出ししています。

季節の味を存分に楽しんでくださいね〜!
[PR]
by kanariyanomori | 2013-10-09 23:38 | ■cafe Bucca boo
<< 一周年、ありがとうございます! イベントの楽しみ! >>