ブログトップ

カナリヤの森にようこそ☆

minato666.exblog.jp

GENTEN

かれこれ12年前、
「リメイクの本」という手作り本を出版しました。

その本の表表紙と裏表紙にこんなこと、書いてました。
ちょっと長いけれど引用しますね。


Introducshon

リメイクというのは物を愛して作り直すこと・・・と思います。

新しいもの、古いもの、道ばたの雑草、落ち葉・・・。

自分なりの物差しでかわいいとか、きれいとか、好きと感じたら

きっと大切にするはず。

お気に入りの空きビンに花をさしてみたり、

小石を窓辺に飾ってみたり、そんなささいなことも含めて

いつもの生活がささやかにシアワセならいいな・・・と思います。

大切なのは「好き」という気持ち。

好きだから大切にしようと思えるし捨てられない。

だから好きと思えるものしか買わないし、拾わない。

好きだからず〜〜〜っと使っていたいと思うのです。

リメイクって一番身近なリサイクルなのかもしれません。



そして裏表紙


季節と追いかけっこしながら材料を集めたり、

夕焼けを見ながら明日の撮影の天気を占ったり、

本当にこの一年間はお日さまや雲の動き、風のにおいなどを

体じゅうでかんじることができました。

リサイクルやリメイク、リユースなど呼ばれて久しいけれど、

大切なのは身近な自然をキャッチする

感性なのではないかと思います。

そんな気持ちを込めて作品を作りました。

本当にどれもカンタンです。

でも、お料理みたいに完璧なレシピはないのです。

身近な材料で好きなように作ってください。

私はこんなふうに作ってみたけれど、もっといい方法が

あるかもしれない。あなたなりの手加減、塩梅、

それが味になるのです。この本を参考に、

あなたなりのレシピを完成させてもらえたら嬉しいです。



ひさしぶりにこの文章を読んで、
カナリヤの森もおんなじだなあ・・・と思いました。


ジブンにとっての「好き」や「大切」を

大切にしていきたい。
その想いを守っていきたい。


社会の決まりや、
今までの概念や、
回りの人の視線で

ジブンにとって、ほんとうに大切な事をねじまげたりしたくない。






a0254236_14562666.jpg


この本を作った時は、好き がたくさんあって、
好き を表現することが、楽しくって仕方ありませんでした。

作品も、文章も、詰めの甘いところはたくさんあるけれど、
ワタシがこの中に確かに存在しています。


あれから、いつしか、好き があいまいになって、
なんでもよくなってしまっていました。

そういうジブンにうすうす気がついていたけれど、
知らん顔して、
あいまいにして、
ジブンが存在していない・・・

そんなふうにして生きて来たように思います。



カナリヤの森を進めていく中で、
ほんとうのジブンが少しずつ顔を出し、
ワタシの呼吸が復活してきています。


ほんとうに
ほんとうに
ほんとうに

大切なワタシって存在を、
カナリヤの森で表現していきたいと思います。

そこに妥協はありません。


皆さんの「好き」や「大切」も
カナリヤの森で思う存分表現していただけたらと思います。


ほんとうに
大切なワタシ・・・

ほんとうに
大切なアナタ・・・


それがカナリヤの森の原点なんだろうな・・・

って感じています。



a0254236_1457896.jpg


リメイクの本は季節ごとにテーマを決めて
作品を作りました。

上の↑2枚の写真は7月のページ。
大好きなページでもあります。

海に行ったり、雪山へ行ったり、
良い写真が撮れるまで、何回もいろいろな所へ行きました。

今、見ても、そのころのワクワクが伝わって来ます!

そんなふうに、もう一度動き出したワタシを
とても嬉しく思います。
[PR]
by kanariyanomori | 2012-07-20 15:23 | ■今日のカナリヤの森
<< レモン塩 バランス >>